認知行動療法(CBT)について


認知行動療法(CBT)について

認知行動療法(にんちこうどうりょうほう)は、英語で「Cognitive Behavior Therapy」と言い、
「CBT」と呼ばれることもあります。

注目されている精神療法「認知行動療法」

精神療法の中でも、特に認知行動療法は、うつ病や不安障害の治療において注目されています。

この認知行動療法は、薬物療法と同等の効果があるといわれ、
「うつ病」、「PTSD」、「パニック障害」、「強迫性障害」、「全般性不安障害」などに
高い効果が報告されており、日本でも保険適用を受けた療法です。

加えて、認知行動療法は、効果の持続時間だけをとってみれば、薬物療法より長いことが認められており、
病気の「予防」や「再発防止」にも効果があるとされています。

認知行動療法は、単独で用いても、薬物療法と併用しても、効果的な療法なのです。

認知行動療法はどういう療法?

認知行動療法とは、

  • ① 認知(考え)のあり方を修正し
  • ② 問題に対処することによって
  • ③ 気分の状態を改善させる

療法です。

ものの受け止め方・考え方は人によって異なります

ある状況を、 悲観的に考えるか、楽観的に考えるか、いい加減に考えるか。
考え方は、人によって異なります。

例えば、大学受験で期待していた結果が出なかったとします。

そんな時、

「もう駄目だ、自分はどうせ受からないんだ・・・」

と考え勉強をしなくなってしまう人もいれば、

「たまたま苦手なところが出たのだ、次頑張ろう」

と考え、より勉強に励む人もいます。

このように、ものの受け止め方は人によって異なるものです。

ストレスが強くなると・・・?

普段は楽天的に考えられている人でも、
ストレスが強くなると考え方の柔軟性が失われてしまいます。

そのため、考え方の幅が狭くなり、
物事を否定的にとらえたり、悲観的になったり、自分を責めたりします。

うつ病など、こころの病を抱えている方は、よりネガティブに受け止めてしまう傾向があります。

認知行動療法で考えのあり方を修正!

認知行動療法では、
不合理(もう駄目だ…)な考え方から、
合理的(次頑張ろう)な考え方に修正します(認知の改善)。

そして、その後の行動を、
「勉強をしても無駄」と放棄してしまうのではなく、
「次頑張れば受かる!」と今まで以上に勉強に励んでもらえるように修正(行動の改善)するのです。

ある出来事に対する考え方を良い方向に変えて、自分の価値のある方向へと行動も変えていく。
それが認知行動療法なのです。

クリニック足立では、CCBTを行っております

CCBTとは、インターネットを用いた認知行動療法で、
ご自宅のパソコンなどでご利用いただく事が可能です。

「うつ病」や「社交不安障害」など様々な「こころの病気」に対応しております。
クリニック足立のCCBTは、主に「うつ病」を対象としたプログラムを提供しております。

>> 「インターネットによる認知行動療法(CCBT)」の説明はこちら

※ご予約など詳しくは、受付まで お問い合わせ ください。